DTM

無料で使えるDTMソフト5つ

更新日:

DTMソフトって調べてみたけど、けっこうなお値段がする。

DTMは初めてだから無料のソフトで練習したい。

 

こんな風に悩んでいませんか?

DTMには無料のソフトがたくさんあります。

僕も最初は無料のソフトで練習してました。

 

この記事では、無料で使えるDTMのソフトを紹介します。

・Cubase

・ProTools

・Cakewalk by BandLab

・Studio One

・FL STUDIO

上記の5つのDTMソフトを紹介します。

 

Cubase

Cubaseと言えばDTM界では有名なソフトです。

CUbaseは30日間の無料トライアルが用意されています。

Cubaseの体験版ページはこちら

ダウンロードにはSteinberg IDの登録が必要になります。

 

CUbaseの体験版には2種類あります。

  • Cubase Elements 10.5 体験版
  • Cubase Pro 10.5 体験版

2つの違いは、機能の制限にあります。

Cubase Pro 10.5 体験版はトップグレードのCubase Pro 10.5の全ての機能が使える体験版になっています。

Cubase Elements 10.5は入門用で使用できる機能が制限されています。

 

比較すると下記のようになっています。

Cubase Pro 10.5 Cubase Elements 10.5
オーディオエンジン 64 bit 64 bit
最大サンプリングレート 192 kHz 192 kHz
MIDI トラック数 無制限 64
オーディオトラック数 無制限 48
VST インストゥルメントトラック数 無制限 24
VST インストゥルメント数 8 3
インストゥルメントのサウンド数 3000 以上 1000 以上
VST オーディオエフェクトプラグイン数 76 46
VST MIDI エフェクトプラグイン数 18 0
最大入出力数 256 24
オーディオチャンネルインサートスロット数 16 8
グループチャンネル数 256 16
エフェクトセンド / リターンチャンネル数 S:8 - R:64 S:8 - R:8
インストゥルメントスロット数 64 16
MIDI プラグインインサートスロット / センド数 4 0

これだけみても機能にだいぶ差があることが分かります。

もっと詳しく知りたい方は公式サイトのこちらで確認してください。

 

対応OS

WindowsとMac両方に対応しています。

 

Cubase Elements 10.5 体験版

Cubase Elements 10.5の機能を試せる体験版になっています。

比較表を見てみると機能に制限がありますが、DTM初心者が使う分には十分な性能です。

個人で使うならCubase Elements 10.5を選択でいいと思います。

 

Cubase Pro 10.5

Cubase Pro 10.5はMIDIトラック数無制限、オーディオトラック数無制限、VST インステュルメントトラック数無制限など最大まで機能が使える高スペックのバージョンになっています。

Cubase Pro 10.5を使用する場合には、USB-eLicenser (Steinberg Key) が必要です。

これはサウンドハウスで購入するのが一番安く買えると思います。

 スタインバーグ製ソフトウェアを使用する際に必要な、重要なUSB型ライセンスキー。お持ちのソフトを起動させるばかりでなく、デモ版を起動する場合もUSB-eLicenser (Steinberg Key)が必要です。 ※国内正規品

 

ProTools

ProToolsはプロ御用達のDTMとして有名です。

ProToolsには、

  • Pro Tools | First・・・無料で使い続けることができます
  • Pro Tools・・・30日間の無料使用期間があります
  • Pro Tools | Ultimate・・・30日間無料で使用できます

の3種類があります。

 

対応OS

Windows・Macどちらにも対応しています。

 

比較すると下記のようになっています。

 

Pro Tools First Pro Tools Pro Tools | Ultimate
同時ボイス/トラック
(48 kHz/96 kHz/192 kHz時)
16/16/– 128/64/32 ベース・ソフトウェア
384/192/96
最大インプット数
(ハードウェア依存)
4 32 192
MIDIトラック 16 1024 1024
インストゥルメント・トラック 16 512 512
Auxトラック 16 128 512
ビデオ・トラック なし 1 64
付属プラグイン 23 115 115
同梱サウンド 3.1 GB 5.4 GB 5.4 GB
対応する最大サンプル・レート(ハードウェア依存) 32-bit、96 kHz 32-bit、192 kHz 32-bit、192 kHz
バス 無制限 無制限 無制限

 

3種類を比較するとこんな感じです。

これらをダウンロードするにはアカウントの作成が必要になります。

ProToolsの公式サイトはこちら

 

Cakewalk by BandLab

BandLabは無料で使えるDTMソフトです。

BandLabは使用期間がなく無料で使用できます。

BandLabには2種類あります。

  • ソフトをダウンロードして使用する
  • ソフトをダウンロードせず、オンライン上で録音する。

ダウンロード版の方がしっかりと曲を作れると思います。

オンライン版はスマホにも対応しているので、どこでも好きな時に曲を作ることができます。

公式サイトはこちら

 

対応OS

Windowsのみに対応しています。

 

BandLabの機能

無制限数のプロジェクト
無制限の安全なストレージ
無制限のコラボレーション
無制限のアルゴリズム的マスタリング
無制限数の高音質ダウンロード
プロによりレコーディングされた、著作権使用料無料の10000のループ
200を超えるMIDIと互換性のある無料バーチャル楽器
クロスプラットフォームのカスタマイズ可能なギター/ベース/ボーカルFX & プリセット
完全版コントロール & コラボレーションツール
マルチデバイス - Windows、Mac、Android、iOS、tablet、Chromebook

 

Studio One

Studio OneはDTMソフトとしては新しい方になります。

有料版も値段がそれほど高くないのも特徴です。

 

Studio One4が無料で使用できます。

ユーザー登録しないとダウンロードできないので、登録する必要があります。

ユーザー登録ページはこちら

無料版なので、ピアノやバイオリンなどの新しい音源を使いたくても追加できないという制限があります。

PresenceというStudio Oneのオリジナルの音源をダウンロードして使用できます。

ピアノ・バイオリン・アコーディオンなどの音源が使えるようになっています。

 

対応OS

Windows・macのどちらにも対応しています。

 

FL STUDIO TRIAL

FL STUDIOはEDMやダンスミュージックに向いているDTMソフトです。

「ループ」という音源を繋げ合わせて音楽を作ることができるので、海外では人気のDTMソフトです。

ダウンロードページはこちら

公式サイトはこちら

このサイトは全て英語になっていますが、ダウンロードの方法は分かりやすいと思います。

 

対応OS

Windows・mac両方に対応しています。

 

まとめ

この記事では無料で使えるDTMソフトを紹介しました。

この記事の内容

Cubase・・・Windows・Macどちらも対応
ProTools・・・Windows・Macどちらも対応
Cakewalk by Bandlab・・・Windowsのみ対応
Studio one・・・Windows・Macどちらも対応
FL STUDIO・・・Windows・Macどちらも対応

今回紹介したDTMソフトはどれも有名なソフトです。

なので使い方が分からなくてもググればたくさん情報は出てきます。

Cakewalk by BandLabはWindowsのみ対応なので注意してください。

-DTM

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.