マイク

おすすめの楽器用マイク5選

投稿日:

動画配信用に楽器用のマイクを買おうか迷っている。

どれかオススメがあれば教えてほしい。

 

迷っている人のためにおすすめの楽器用マイクを5つ紹介します。

 

 

SM57

タイトな指向性と適度なプレゼンス・ピークを持つ周波数レスポンスによって、カブリを最小限に抑えて各楽器をセパレーションよくクリアにピックアップ。

 

メーカー・・・SHURE

価格・・・9328円

 

特徴

SHUREのSM57は定番中の定番のマイクです。

根だっも手ごろなので、使用している人もたくさんいます。

 

 

スペック

タイプ ダイナミックマイク
周波数特性 40Hz-15kHz
感度 -56.0 dBV/Pa* (1.6 mV)
出力インピーダンス 150Ω
サイズ・重量 径32mm、157mm・284g

 

ダイナミックマイクは湿気や衝撃、ハウリングに強く安価なマイクです。

 

レビュー

ミュージシャンとオーディエンスの耳に優しい心地よいPAをしたいと、45年前のマイクの音の記憶を頼りに、SM58、57と揃え始めました。
ソーシャル・スモールビジネスですので、コスパは非常に重要で、このマイク(57)より遥かに廉価で形状がそっくりなつくりもしっかりしていそうなマイクに触手がのびました。

サウンドクラウドの比較音をソニーMDR-CD900STで聴き比べると、やはりブルースコバーンのギターのクッキリした粒立ちと、ウオームで倍音の豊な響きは、SHUREの57でPAできた音と再認識させられます。....仕事でお金の戴ける音。
ブームスタンドはAKG ST210からClassic ProのハイCP製品に置き換えて何も問題はありませんでしたが、マイクロフォンのSHUREは、半世紀の間、経営者や作り手が交代しても当時からの音を継承し常にファーストチョイスのサウンドを守り続けていることに、驚きを覚えます。

 

PDM-57

PDM57はダイナミックマイク特有の力強さとメリハリの利いた周波数特性をあわせ持ちます。アコースティックギターやドラム、パーカッションなどの繊細なサウンドから、管楽器やギターアンプなど大音圧のソースなどオールマイティに使えます。明瞭なサウンドはボーカルやスピーチ用マイクとしてもお勧め。コストパフォーマンス抜群のイチオシモデルを是非一度お試しください!

 

メーカー・・・JTS

価格・・・2728円

 

特徴

とにかくコスパがいいです。

3000円以下で買えるのでお財布に優しいです。

値段が安くてもアコースティックギターやドラム、パーカッション、ギターアンプなどオールマイティに使えます。

 

スペック

タイプ ダイナミックマイク
周波数特性 50Hz-16.5kHz
出力インピーダンス 600Ω
出力コネクタ XLR3ピン(オス)
付属品 マイクホルダー(5/8-3/8変換ネジ付)、マイクケーブル(XLRオス-メス5m)

 

レビュー

SM58を使ったことはあるが、配信向けマイクを探していたらたまたま見つけて銭失いでも良いかと思って注文した。
ダイナミックマイクだしちょうど良いかなと思った。
コンデンサーには解像度が少し及ばないだろうと、たかを括っていた。
多少悪くても価格だしなぁと。
すべての期待をいい意味で裏切ってくれた。オーディオインターフェイス持ちならこれこそがコスパ最強だと分かった。

 

 

BETA57A

SHURE(シュアー)の大定番楽器用マイクBETA57。SM57の中域はそのままに、高域の抜けを更によくしたサウンドです。ボーカル用としても使用されることもあるダイナミックマイク。

メーカー・・・SHURE

価格・・・12430円

 

特徴

同じメーカーのSHUREのSM57と比べると高音が伸びる印象です。

 

スペック

タイプ ダイナミックマイク
周波数特性 50Hz-16kHz
出力インピーダンス 150Ω
重量 径43mm、長さ160mm・275g
付属品 マイクホルダーA25D、ソフトケース95A2314、5/8-3/8変換ネジ

 

レビュー

ダイナミックマイクを使う場面では、まずこれを試してみます。アコギ、エレキギター、パーカッション、ピアノ、歌でためしましたが、どれもそつなくこなします。
SM57よりハイが自然に伸びる印象です。

 

 

TX-2

バスドラムやベースアンプなど低音域のサウンドをクリアに収録する、超単一指向性のダイナミックマイクです。空気圧を用いた内蔵ショックマウントにより、振動やノイズを大幅に軽減。堅牢なボディに、角度調整可能なロック式スタンドアダプターを装備し、ロープライスながらプロ仕様のスペックを誇ります。

 

メーカー・・・JTS

価格・・・3278円

 

特徴

バスドラムやベースアンプなど低音域のサウンドを収録する時に力を発揮するダイナミックマイクです。

低音域に強いマイクです。

 

スペック

タイプ ダイナミックマイク
周波数特性 20~12,000Hz
出力インピーダンス 600Ω
サイズ・重量 397g
付属品 マイクケーブル4.5m付

 

レビュー

金が無い素人PAですので安いマイクばかり買ってます。マイク数を稼ぐには単価を下げないと。
最近はドラムにマイクを立て始めて、バスドラ用にこれを買いました。
とりあえず使ってみたところドンドンと、予想以上の音が取れて思わずオォーッと感嘆の声を出してしまった。
キックの打点を狙ってchEQの低音を下げて調整したら、このマイク1個でベチベチからドンドンまで調整できた。
他のレビューの通りでした。
ドラマー本人に聞かせたら驚きと面白くなってきたようで思わず笑ってましたw

 

 

CM7I

楽器用にデザインされたダイナミックマイク。ギターアンプやドラム、管楽器と幅広い楽器集音に対応。ホルダー一体型構造でスマートに設置できます。コストパフォーマンスに優れたお勧めマイク。

 

メーカー・・・CLASSIC PRO

価格・・・2618円

 

特徴

ギターアンプやドラムなど幅広く対応しています。

ホルダーが一体型構造で設置が楽です。

3000円以下なのでコスパに優れたお勧めマイクです。

 

スペック

 

タイプ ダイナミックマイク
周波数特性 50-16KHz
出力インピーダンス 600Ω±30%(at 1KHz)
サイズ 51×115×92mm

 

レビュー

路上ライブでb-band のアンプAC-45Jと組み合わせて楽器用マイクですが弾き語りのボーカル用に使ってます。
本体が短いので携行性が良いです。
ホルダー一体型なのも良いです。
音も全く問題なく使えております。
コストパフォーマンスがとても良い商品だと思います。

 

まとめ

この記事ではおすすめの楽器用マイクを5つ紹介しました。

  • SM57・・・定番のマイクです。
  • PDM-57・・・2728円とコスパが良い
  • BEATA57A・・・高音の伸びが良い
  • TX-2・・・ベースなど低音に強いマイク
  • CM7I・・・ホルダー一体型で設置が楽

上記のような特徴があります。

 

SM57なら評判が良く失敗も不満を感じることは少ないと思います。

僕もSM57を使っていますが、良いマイクだと思います。

 

ベースやドラムならTX-2を使ってみてください。

 

ホルダー一体型のマイクは設置が楽なので、弾き語りに向いているマイクです。

-マイク

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.