ギター

SugiのDS499のギターについて

 

Sugiとは

杉本眞氏が2002年に「スギ・ミュージカル・インストゥルメンツ有限会社」を立ち上げました。

「SUGI GUITARS」としてスタートしたギター工房です。

杉本眞氏は40年以上ギターのメンテナンスや制作・デザインなどに携わってきた人物です。

 

Sugi公式サイト

 

杉本眞氏がいままで関わってきたアーティスト

  • アラン・ホールズワース
  • ビリー・シーン
  • ジョージ・ベンソン
  • ジョー・パス
  • ジョー・サトリアーニ
  • ポール・ギルバート
  • スティーヴ・ルカサー
  • スティーヴ・ヴァイ

など世界的に有名なアーティストと関わっています。

 

 

オフセットボディ

オフセットボディとは下記のジャズマスターなどのように、ギターのボディのウエストの位置が左右非対称になっているギターのことを言います。

 

単純にオフセットなどと呼ぶ場合もあります。

オフセットギターの良いところは、弾くときに体にフィットすることです。

立って弾いても、座って弾いてもとても弾きやすいと感じることができます。

演奏性も良くなるので、とても弾きやすいギターと言えます。

 

DS499のイメージ

フェンダーとギブソンが混ざっているようなイメージのギターです。

見た目的にはストラトキャスターっぽさがあります。

弾きやすさと見た目が可愛いという点もポイントです。

 

絶妙な金属パーツ

DS499はホワイトのピックガードを採用しています。

ホワイトだけではなく、部分的に金属パーツを使用しておりこれがレトロな雰囲気を出していて、人気のあるデザインです。

 

ピックアップ

フロントには「Sugi Original Single-Coil TL type」というピックアップが搭載されています。

TLタイプのピックアップはテレキャスタータイプのシングルピックアップです。

 

リアには「Sugi Original LH-62P/B」が搭載されています。

こちらはハムバッカータイプのピックアップで力強い音を楽しめます。

 

どちらもピックアップもSugiのオリジナルピックアップです。

 

マッチングヘッド

DS499はヘッド部分の塗装がマッチングヘッドになっておりギター全体のカラーリングの統一感が出ています。

マッチングヘッドとは、ギターのヘッドのカラーをボディと同じ色に塗ってあることをいいます。

ローズウッド指板やエボニー指板などの色の濃い指板を使用したギターでマッチングヘッドは良く見かけます。

ヘッドはペグが片側3連になっており、ギブソンっぽさがあります。

 

スケール

スケールはミディアムスケールになっていて、ここもギブソンっぽさを感じるポイントです。

多くのギターはストラトキャスターのようにはロングスケールが多く、手の小さい人には多少弾きにくさを感じることもあります。

DS499はミディアムスケールなので、ロングスケールでは弾けなかったフレーズを楽に弾けます。

 

使用木材など

DS499は下記のようなスペックになっています。

指板がローズウッドなので、中低音の音が良いギターです。

ネック ハードメイプル
指板 ローズウッド
スケール 628mm
ボディ材 アルダー
ピックアップ フロント:Sugi Original Single-Coil TL type

リア:Sugi Original LH-62P/B

 

購入できるストア

イケベ楽器

開進堂楽器

ギタープラネット

クロサワ楽器

島村楽器

などで購入できます。

 

デジマートで探して購入するのが楽かと思います。

 

中古ですと20万程の価格で売られています。

 

まとめ

この記事ではSugiDS499について書きました。

  • オフセットボディ
  • 金属パーツでレトロな感じを楽しめる
  • マッチングヘッド
  • ミディアムスケールで手が小さくても弾きやすい
  • 弾きやすい

 

関連記事

-ギター