コード

ギターのAmコードの押さえ方と構成音

更新日:

Amコード ローコード 指

Amコード ローコード

Amコード ハイコード 指

Amコード ハイコード

 

Amコードは(エーマイナーコード)と読みます。

の3つの音で構成されています。

 

 

マイナーコードなので暗い響きのコードになります。

 

3和音のマイナーコード一覧も作ってあります。

ギターの3和音のマイナーコードをご覧になってください。

 


 

Amコードのローコードの押さえ方

 

Amコード ローコード 指

 

1弦・・・押さえません

2弦・・・人差し指で押さえます

3弦・・・薬指で押さえます

4弦・・・中指で押さえます

5弦・・・押さえません

6弦・・・ミュートして弾かないようにします

 

Amのローコードは押さえるのが簡単なコードなので、初心者の方でも最初から綺麗な音で弾けるコードだと思います。

注意するとすれば、人差し指が1弦に触れないように気を付けた方がいいと思います。

 

Amコードのローコードの音

 

Amコードのハイコードの押さえ方

Amコード ハイコード 指

 

1弦・・・人差し指で押さえます

2弦・・・人差し指で押さえます

3弦・・・人差し指で押さえます

4弦・・・小指で押さえます

5弦・・・薬指で押さえます

6弦・・・人差し指で押さえます

 

Amのハイコードはバレーコードになります。

ハイコードはほぼバレーコードになっています、慣れるまでは大変ですが一度弾けるようになると応用で他のコードも弾けるようになるので練習してみましょう。

 

Amコードのハイコードの音

 

Amコードの省略コード

Amコード 省略コード 指

 

1弦・・・人差し指で押さえます

2弦・・・人差し指で押さえます

3弦・・・人差し指で押さえます

4弦・・・ミュートして弾かないようにします

5弦・・・ミュートして弾かないようにします

6弦・・・ミュートして弾かないようにします

 

人差し指だけで弾ける弾き方なので簡単になっています。

 

Amコードの構成音

Am コード ローコード

 

1弦・・・ミ

2弦・・・ド

3弦・・・ラ

4弦・・・ミ

5弦・・・ラ

6弦・・・無し

 

Amコードのローコードはこのような音の並びになっています。

 

Amコード ハイコード

 

1弦・・・ラ

2弦・・・ミ

3弦・・・ド

4弦・・・ラ

5弦・・・ミ

6弦・・・ラ

 

Amコードのハイコードはこのような構成になっています。

 

まとめ

この記事で書いたこと

・Amコードのローコードの押さえ方

・Amコードのハイコードの押さえ方

・Amコードの構成音

 

Amコードのローコードは弾きやすいコードだと思います、最初はAmコード~Am7コードなどの練習をするのもおすすめです。

 

個人的にはAmコードは好きなコードです。

作曲時にAmコードから作り初めてみると、カッコいい曲になることが多いような印象があります。

 

 

 

-コード

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.