コード 音楽理論

【ギター初心者向け】コードの読み方

更新日:

ギターのコードって馴染みのない英語でm、M、dimとか書いてあってよくわからない。

音楽も初心者だし、教えてくれる友達もいないし、ネットで調べても詳しく書いてあるサイトはなかった。

 

こんな悩みに答えます。

 

この記事の内容

・コードの読み方

・コードの意味と仕組み

・コードの読み方を覚えるメリット

 

ギター初心者はコードの読み方が分からないのは当たり前です、普通に生活していたら目にしない言葉ばかりですから。

コードの読み方を覚えることは難しい内容ではありません。

 

僕も最初はdimとかaugとかなにそれ・・・・状態でした。

少し勉強すれば理解できることなので、この記事を読めばコードの読み方はマスターできます。

 

コードの読み方が分からないと、いざバンドを組んだ時に●●ってどんなコードですか?って恥ずかしくて聞きずらいですよね。

なのでこの記事を読んで予習しておきましょう。

 

 

コードの読み方

この記事ではわかりやすいようにルートをCとして書いていきます。

 

  • Cコード・・・シーメジャーコードと読みます。
  • Cmコード・・・シーマイナーコードと読みます。
  • C6コード・・・シーシックスコードと読みます。
  • Cm6コード・・・シーマイナーシックスコードと読みます。
  • CM7コード・・・シーメジャーセブンスコードと読みます。
  • Cm7コード・・・シーマイナーセブンスコードと読みます。
  • Cm(♭5)コード・・・シーマイナーフラットファイブコードと読みます。
  • Cm7(♭5)コード・・・シーマイナーセブンスフラットファイブコードと読みます。
  • CmM7コード・・・シーマイナーメジャーセブンスコードと読みます。
  • C7コード・・・シーセブンスコードと読みます。
  • Caugコード・・・シーオーギュメントコードと読みます。
  • Cdimコード・・・シーディミニッシュコードと読みます。
  • Cadd9コード・・・シーアドナインスコードと読みます。
  • Csus4コード・・・シーサスフォーコードと読みます。

 

 

コードの意味と仕組み

Cコード

ルート(ド)、長3度(ミ)、完全5度(ソ)

の3和音になっていて、メジャーコードは明るい響きのコードと思ってもらえればいいと思います。

シーコードと省略して読みこともあります、音楽を長年やっている人にはシーコードで大抵通じると思います。

 

Cmコード

ルート(ド)、短3度(ミ♭)、完全5度(ソ)

の3和音になっていて、マイナーコードは暗い響きのコードになっています。

 

C6コード

ルート(ド)、長3度(ミ)、完全5度(ソ)、長6度(ラ)の4和音になっています。

長6度が入っているので、C6コードといいます。

の4和音になっています。

 

Cm6コード

ルート(ド)、短3度(ミ♭)、完全5度(ソ)、長6度(ラ)の4つの和音になっています。

C6コードのレ#になっているので、Cm6コードと呼びます。

 

CM7コード

ルート(ド)、長3度(ミ)、完全5度(ソ)、長7度(シ)

の4つの和音になっています。

長7度が入っているので、CM7コードと呼びます。

 

Cm7コード

ルート(ド)、短3度(ミ♭)、完全5度(ソ)、短7度(シ♭)の4つの和音になっています。

CM7のレ#ラ#になっています。

短7度が入っているので、Cm7コードと呼びます。

 

Cm(♭5)コード

ルート(ド)、短3度(ミ♭)、減5度(ソ♭)

の3つの和音になっています。

Cmコードの5番目の音を♭させたコードになっています。

ダイアトニックコードに含まれていますが、扱いの難しいコードです。

 

Cm(♭)7コード

ルート(ド)、短3度(ミ♭)、減5度(ソ♭)、短7ど(シ♭)

の4つの和音になっています。

Cm(♭5)コードにシ♭を足したコード構成になっています。

 

CmM7コード

ルート(ド)、短3度(ミ♭)、完全5度(ソ)、長7度(シ)

の4つの和音になっています。

Cmコードにシの音を足したコードになっています。

 

●C7コード

ルート(ド)、長3度(ミ)、完全5度(ソ)、短7度(シ♭)

の4つの和音になっています。

CM7コードの長7度(シ)を半音下げた、短7度(シ♭)になっているコードです。

ブルースでよく使われるコードです、ポップスでも使用頻度の高い重要なコードです。

 

Caugコード

ルート(ド)、長3度(ミ)、増5度(ラ♭)

の3つの和音になっています。

Cコードのソを半音上げれば、Caugコードになります。

augはaugmentの略で、augmentは増強という意味です。

なので増5度を足したコードと理解しておけばいいかと思います。

 

Cdimコード

ルート(ド)、短3度(ミ♭)、減5度(ソ♭)、長6度(ラ)

の4つの和音になっています。

4つの音が全て1音半づつの音程で構成されているコードです。

 

Cadd9コード

ルート(ド)、長3度(ミ)、完全5度(ソ)、9th(レ)

の4つの和音になっています。

Cコードにテンションの(レ)の音を足したコードになります、よく見かけるコードです。

響きは特徴的なので、何度か耳にすれば聞き分けられるコードです。

addとは追加という意味で、9番目の音を追加しているという意味でもあります。

 

Csus4コード

ルート(ド)、完全4度(ファ)、完全5度(ソ)

の3つの和音になっています。

Cコードの(ミ)を半音引き上げた(ファ)になっているコードです。

susはsuspendedの略です、suspendedは吊り上げるという意味です。

なので(ミ)を半音吊り上げて(ファ)になっているという意味です。

 

 

コードの読み方と仕組みを覚えるメリット

コードの読み方を覚えると、音楽仲間に伝えるのが楽というメリットがあります。

例えば、Cコードを伝えるときにドとミとソの3和音といってもポカーンとなると思います。

ですがCコードといえば、なるほどとなります。

 

また、作曲をした時にaugコードやdimコードを使っていると音楽初心者にドヤ顔できます笑

 

それは冗談としても、コードの読み方を一度勉強すれば作曲に行き詰った時に(そういえばあんなコードあったな今度そのコードを使って曲を作ってみよう)となったりして、曲作りのアイデアになります。

 

コードの仕組みを知っていれば、メロディーにコードをつけるために非常に役立ちます。

 

まとめ

この記事で書いたこと

・コードの読み方

・コードの意味と仕組み

・コードの読み方と仕組みを覚えるメリット

 

コードの読み方を紹介しました、Cコードを元にして何番目の音がどう変化しているかでコードの名前は変わります。

コード名は、半音の変化で変わるということを覚えておきましょう。

 

-コード, 音楽理論

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.