音楽理論

作曲初心者が学ぶべき簡単な音楽理論

投稿日:

作曲にはある程度の音楽理論が必要です。

簡単な音楽理論さえ理解していれば、簡単な曲なら作曲はできます。

 

異論を勉強せずいきなり楽器を弾いて作曲しようとしても、壁にぶち当たります。

作曲にはある程度法則のような、ルールのような物があります。

そこから外れると人は不快な音だと認識します。

わざとルールから音を外すテクニックもありますが、それは後日にお話します。

 

音楽の理論を知っているだけで、作曲のスピードは格段に上がります。

 

自分のイメージ通りに作曲したい時は少し難しい理論が必要ですが、まずは簡単な曲から作曲することから始めましょう。

自分もできると思えれば、やる気もでてきます。

 

ドレミ~とはなんなのか?

みなさんも学校の授業で習ったことがあるのが、ドレミファソラシド。

いままでドレミ~ってなんなのか考えてみたことがありますか?

 

ドレミファソラシドとよく言いますが、ド~ドまでには実は12個の音があります。

ギターだったら5弦3フレット(ド)~5弦15フレット(ド)まで弾いてみると12個ありますね。

キーボードやピアノならド~ド(白い鍵盤【白健】と黒い鍵盤【黒鍵】を合わせて)までを弾いてみると12個あるのがわかります。

 

良く見てほしいのですが、ド~レまでの音にはド(白健)、ド#(黒鍵)、レ(白鍵)の3つの音があるのがわかりますか?

そして、ドとド#(#はシャープと呼びます)の関係を半音と呼び、ドとレの関係を1音と呼びます。

 

この関係を理解したうえでド~ドまでの12個の音を見てみます。

すると、

・ドとレは1音

・レとミは1音

・ミとファは半音

・ファとソは1音

・ソとラは1音

・ラとシは1音

・シとドは半音

 

ドレミファソラシドは、(1音、1音、半音、1音、1音、1音、半音)の関係になっているのがわかると思います。

これがドレミファソラシドの正体です。

音楽用語でいうとCメジャースケールと呼びます。

 

メジャーは明るいという意味です。

Cから始まり、明るい響きの音の並びがCメジャースケールということです。

 

このCメジャースケールをABCDEFGAの並びで弾いてみるとAマイナースケールというものになります。

感のよい人はお気づきだと思いますが、マイナーは暗いという意味です。

実際弾いてみると暗い感じがしませんか?

 

ではDメジャースケールになるとどうなるかというと、さきほどの(1音、1音、半音、1音、1音、1音、半音)の関係を当てはめてあげればよいです。

 

Dメジャースケールは、D、E、F#、G、A、B、C#、Dになります。

 

 

音符の呼び方

音楽的には音符の呼び方は3通りあります。

 

・ドレミファソラシドはドイツ語

・CDEFGABCは英語

・ハニホヘトイロハは日本語

 

全てドレミファソラシドの意味です、音楽をやっていると自然とCDEFGABCの英語表記をよく使うようになります。

理由としては、コードが英語のため英語で覚える方が効率が良いからです。

CコードはCマイナーコードなどがありますが、コードが英語なのに音符は日本語では混乱しやすいです。

そのため、早く英語の読み方に慣れた方が良いです。

 

まとめ

簡単で初歩的な音楽理論を紹介しました。

この記事で紹介したこと。

・ドレミ~の音の並び方

・3種類の音符の呼び方

 

これを理解することで、高度な理論を勉強した時の理解度が高まります。

特に音の並びを理解することは大事なことなので、勉強しておきましょう。

 

 

 

 

 

-音楽理論

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.