ギター

【エレキギター】ギター初心者がやること(揃えるもの)は5つだけでOKです

更新日:

ギターを始めたいけどなにを買ったらいいの?とりあえずギターは必要だよね。

あとは、テレビの音楽番組でよく見るアンプ?を揃えれば大丈夫なのかな?

友達に相談できる人もいないし安いものじゃないから失敗したくない

 

 

ギター初心者で触ったこともない方はこんな悩みがあると思います。

なにを揃えたらいいのか分からない人のために、初心者が揃えるべき物5つを紹介します。

 

この記事の内容

  • ギター
  • アンプ
  • チューナー
  • シールド
  • ピック

上記の5つが揃っていればギターを楽しむことができます。

 

では、この5つについて詳しく書いていきます。

 

ギター

まずはギターを買わないとなにも始まりませんね。

ですがギターには色んなタイプのギターがあるので悩む人も多いと思います。

 

初心者の方向けのギターを3つ紹介します。

 

ストラトキャスタータイプ

ストラトキャスタータイプは弾きやすいギターです。


ストラトキャスターはこんな見た目のギターです。

 

●メリット

  • あまり重くない
  • 弾きやすい
  • アームがある

●デメリット

  • フレットが21個のタイプがあるので、物足りない場合がある
  • 太めの音がでない

 

このような特徴があります。

ストラトキャスタータイプは、どちらかというと細めの音であまり重くないギターです。

 

あまり重くないので女の子でも扱いやすいと思います。

 

ストラトキャスタータイプのおすすめのギターは下記を参考にしてみてください。

初心者におすすめのエレキギター5選【ストラトキャスタータイプ】

  こんな悩みがある人も多いと思います。   この記事の内容 ストラトキャスタータイプの特徴 初心者におすすめのストラトキャスタータイプのギター5選 ギターを買うお金がない人 スト ...

続きを見る

 

レスポールタイプ

レスポールタイプはストラトキャスタータイプと比べて太い音がするギターです。


レスポールタイプはハイポジションが弾きずらいかもしれないです。

 

●メリット

  • 太めの力強い音が出ます
  • チューニングが簡単

 

●デメリット

  • アームがない
  • 重い
  • 3弦のチューニングがずれやすい

のような特徴があります。

 

レスポールタイプはチューニングがやりやすいのですが、その反面3弦がずれやすくなっています。

ずれると言っても半音程ですが、演奏する前にはチューニングした方がいいです。

レスポールタイプは重いギターです、軽いギターを求めている方には向いていないかもしれません。

 

レスポールタイプのおすすめのギターは下記を参考にしてみてください。

初心者におすすめのエレキギター5選【レスポールタイプ】

  ギター初心者の方はこんな悩みがあると思います。 お金がない人のためにギターをレンタルする方法も紹介しています。 この記事の内容 レスポールってどんなギターなの? おすすめのレスポールタイ ...

続きを見る

 

フロイドローズ式のギター

フロイドローズ式は一度チューニングをするとずれにくいです。


ファインチューナー

●メリット

  • 太めの音がする物が多い
  • チューニングがずれない
  • アーむを使った多彩な演奏ができる

 

●デメリット

  • チューニングに時間がかかる
  • アーム周りの調整が難しい

 

フロイドローズ式のおすすめギターは下記を参考にしてみてください。

初心者におすすめのエレキギター3選【フロイドローズ式】

  フロイドローズ式と言われてもいまいち分かりずらいですよね? そんなギター初心者の方向けにフロイドローズ式のギターの特徴とおすすめのギターを紹介します。   この記事の内容 フロ ...

続きを見る

 

お金がなくてギターが買えないって人は、ギターをレンタルしましょう。

その方がお財布に優しいです。

ギターのレンタルに関しては下記の記事を参考にしてください。

ギターが高くて買えないならレンタルすればいいんです(ギターサブスク)

  こんな風に悩んでいませんか?   こんな人のためにスターペグ・ミュージック「ギターのレンタル(サブスク)サイト」を紹介します。 スターペグミュージックについてこの記事では下記の ...

続きを見る

 

アンプ

アンプがないとエレキギターの醍醐味であるカッコイイ音は出ません。

 

アンプもたくさんのメーカーがあるので主なメーカーを3つ紹介します。

 

マーシャル

Marshallと書いてマーシャルと読みます。


●メリット

  • 激しい音が得意
  • マーシャルは有名なので各パラメーターの調整の仕方がネットに豊富にある

 

●デメリット

  • ジャリジャリした音になりやすい

 

マーシャルは激しいジャリジャリした音が特徴です。

 

 

フェンダー

フェンダーはFenderと書きます。


●メリット

  • 細めの音色が特徴
  • カッティング奏法に向いている
  • ストラトキャスタータイプと相性が良い

●デメリット

  • ハードロックやメタルをやるには少し物足りなく感じる

 

Roland

Rolandはローランドと読みます。

Rolandのアンプはリハーサルスタジオには大抵置いてあります。

●メリット

  • クリーントーンが得意
  • エフェクターを使って自分好みの音が作れる

 

●デメリット

  • アンプ単体では激しい音は出せない

 

エレキギターの本来の音を楽しむにはアンプ必要です。

大きな音を出すと家族に迷惑になる場合があるので、自宅ではほどほどの音で演奏するか、もしくはアンプにヘッドホンを差して演奏することをおすすめします。

 

 

アンプで迷っているかたは下記を参考にしてみてください。

ギター初心者におすすめのデジタルアンプ3つ【価格別】

  この記事では初心者の方におすすめのデジタルアンプを3つ紹介します。 ・13000円のアンプ ・23000円のアンプ ・34000円のアンプ 上記の3つを紹介します。   目次1 ...

続きを見る

 

チューナー

チューナーはギターのチューニングをするために必要なので用意した方がいいです。

 

クリップ式チューナー

クリップ式チューナーはギターのヘッドにつけられるようにクリップがついています。

 

クリップでヘッドにつけるだけでシールドと繋がなくてもいいので気軽にチューニングできます。

モニターも大きく見やすいのでお勧めです。

電池式なので電池切れに注意が必要です。

 

 

デジタルチューナー

デジタルチューナーはシールドでチューナーとギターを繋いでチューニングするタイプです。

デジタルチューナーはギターとシールドが必要になります。

チューナーとギターを繋いでから電源を入れてチューニングするタイプです。

 

チューニングサイト

手元にスマホしかないけどチューニングをしなければならない場合はチューニングのサイトを見てチューニングできます。

 

コードブック公式サイト

コードブックというサイトでチューニングができます。

半音下げにも対応しているのでチューナーがない時は利用してみてください。

無料で利用できます。

 

 

チューニングに関しては【ギター初心者向け】一回読めばギターのチューニングがわかりますを参考にしてみてください。

 

チューナーでどれを買ったらいいか迷っている人のためにおすすめのチューナーを紹介しています。

エレキギターのおすすめチューナー5つ

  チューナーを買いたくても悩んでしまって購入できない人もいると思います。   ギターにはチューニングが必須です。 いくらギターを弾くのが上手くてもチューニングが合ってなければ台無 ...

続きを見る

 

シールド

シールドはアンプとギターを繋ぐためのケーブルです。

このような見た目のケーブルです。

 

シールドには長さが色々あります。

3メートル、5メートル、10メートル、長いものになると20メートルなどの物もあります。

 

自宅で演奏するには3メートルほどのものを用意すればいいと思います。

 

金メッキでコーティングされているものもあります、金メッキの方が音がいいですが少し値段が高いです。

自分のお財布と相談して購入してください。

 

シールドで迷っているかたは下記を参考にしてみてください。

ギター初心者におすすめのシールド3つ紹介します【価格別】

  こんな悩みがあると思います、そんな方の疑問に答えます。   1000円台、3000円台、4000円台の価格別で3つのおすすめのシールドを紹介します。   特徴やメリッ ...

続きを見る

 

ピック

エレキギターはピックで弾くことになるのでピックを用意しましょう。

 

ピックには厚さがあります。

  • 薄いタイプ(0.46mm)
  • ミディアム(0.71mm)
  • ヘビー(0.96mm)
  • エクストラヘビー(1.2mm)

などの種類があります。

メーカによって暑さが違うので自分に合ったピックを探すのは少し大変だと思います。

固いピックの方が速弾きには向いています。

 

ピックは弾いているうちに削れてくえう消耗品なので何枚かストックしておくといいと思います。

下記の商品は4種類の暑さのピックがセットになっているので初心者の方でも失敗が少ないと思います。

 


 

初心者セット

ここまで必要な物5つを紹介しましたが、初心者セットという商品もあります。

 

  • ギター
  • ギターケース
  • アンプ
  • シールド
  • ピック
  • チューナー
  • ピックケース
  • ストラップ

がセットになっています。

 

このセットで12000円ほどなので大変お得なセットになっています。

色も17種類から選ぶことができます。

 

初心者向けで値段も安いので音や品質はそこそこの物になっています。

ギターを買うのはいいけど続けられるかどうか分からない、という人には初心者セットがおすすめです。

 

初心者セットで迷っている方は下記を参考にしてみてください。

エレキギターの初心者セットおすすめ5選

  こんな事を悩んでいる人も多いと思います。 この記事の内容 エレキギター初心者セットの内容ってどんなもの? 初心者セットのメリット デメリット おすすめのエレキギター初心者セット ギターを ...

続きを見る

 

まとめ

ギター初心者の方に向けて揃えるもの5つを紹介しました。

ギターもアンプもメーカーや種類がたくさんあるので選ぶのが大変かもしれません。

 

この記事の内容

  • ギター・・・レスポール・ストラトキャスター・フロイドローズ式の種類から選びましょう
  • アンプ・・・マーシャル・フェンダー・ローランドなどが主なメーカーです
  • チューナー・・・クリップ式、デジタルチューナー、チューニングサイト
  • シールド・・・ライブをやる場合は長いものを選びましょう。ワイヤレスもあります。
  • ピック・・・速弾きは先の尖ったものを選び、弾き語りなら幅の広いピックを選びましょう。。

 

最初は見た目で選んで買ってみてもいいともます。

僕は始めて買ったギターはレスポールタイプでした。

見た目だけでレスポールタイプを選びましたが後悔はしてません。

 

自分で選べないという方は初心者セットを購入するのもいいと思います。

-ギター

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.