ギター

初心者におすすめのエレキギター5選【レスポールタイプ】

更新日:

ギターにはレスポールタイプがあるみたいだけど、レスポールってどういうギターなの?

特徴を理解してから購入したい。だいたい値段はいくらぐらいなの?

 

ギター初心者の方はこんな悩みがあると思います。

お金がない人のためにギターをレンタルする方法も紹介しています。

この記事の内容

  • レスポールってどんなギターなの?
  • おすすめのレスポールタイプのギター5つ
  • ギターをレンタルする

 

この記事ではレスポールタイプの特徴と5つのおすすめギターを紹介します。

 

レスポールタイプってどんなギターなの?

 

レスポールタイプのギターはこのような感じのギターです。

アニメの「けいおん!」の平沢唯が弾いていたタイプのギターです。

 

レスポールタイプの特徴

レスポールタイプは下記のような特徴があります。

 

●メリット

  • 甘く太い音が出る
  • 弦交換が楽

ピックアップがハムバッカーになっているので力強い音が出ます、よく「甘い音」と言われています。

レスポールタイプは特殊な機能がないので弦交換が楽なタイプのギターです。

 

 

●デメリット

  • 本体が重い
  • 21フレット

レスポールタイプのギターは本体が重いことが多いです、最新のギターが軽量化がされているようですがヴィンテージなどの貴重なギターは重いです。

ギターによってはフレット数は決まっていますが、レスポールタイプのギターは21フレットのことが多いです。

そのため、よくメタルなどで見られるハイポジションでピロピロ早く弾くようなプレイは弾きずらいです。

レスポールタイプでもテクニカルなプレイはできますが、あまり向いていないと思います。

 

 

おすすめのレスポールタイプのギター5つ

レスポールタイプのおすすめのギターを5つ紹介します。

初心者の方向けなのでそれほど高くないギターを紹介します。

 

 

Blitz by ARIA BLP-450 HB 22000円ほど

BlitzbyARIAのレスポールタイプのギターです。

 

メリット

  • 6種類のカラーがある
  • 安い

このギターは6色から選べます。

  • CS
  • HB
  • MBS
  • SBK
  • SBL
  • VS

の6種類から選べます。

 

デメリット

  • 調整が必要

たまに弦高が少し高い場合があるので自分で少し調整する必要があるかもしれません。

そこは個体差があるの必ず調整が必要なわけではありません。

 

 

PhotoGenic  LP-260/CS 24000円ほど

フォトジェニックのレスポールタイプのギターです。

 

メリット

  • 安い
  • カラーがサンバーストカラー
  • ピックガードが付いている

エレキギターの中では安い24000で販売されています。

このギターは人気のサンバーストカラーになっています。

(サンバーストはグラデーション状に濃くなっていく塗装です)

 

弾いている時にピックが本体に当たって傷がつく時がありますが、傷がつくのを防ぐためのピックガードが付いています。

 

デメリット

  • 塗装が雑
  • 樹脂パーツに不安がある

 

この値段なので仕方がないとは思いますが、塗装が少し雑な商品がある場合があります。

木の部分ではなく、プラスチックの部分の質はありまよくないかもしれません。

 

 

Epiphone(エピフォン) Les Paul Standard Plus Top Pro HCS 52000円ほど

エピフォンのレスポールタイプのギターです。

 

メリット

  • ギブソン直系のブランド
  • コイルタップがある
  • 太い音が出る

 

エピフォンはレスポールで有名なギブソンのブランドの直系のブランドです、ギブソンはレスポールタイプのギターを長年に渡り販売していて確かな技術があるので安心して購入できます。

 

ハムバッカーはシングルコイルピックアップが2つくっついている物ですが、コイルタップはハムバッカーの半分だけを鳴らしてシングルコイルの音を出すようにする機能です。

ハムバッカーの太く力強い音とシングルコイルのしなやかな音のどちらも楽しめるギターです。

 

 

デメリット

  • 個体差がある
  • 重い

いくらギブソン直系とはいえ個体差はあります、ですが気になるほどではないので弾きことには問題はないです。

 

レスポールタイプを長年作っているエピフォンですが、やはりレスポールタイプは重いです。

 

 

BURNY SRLG55VLD   42000円ほど

BURNYのレスポールタイプのギターです。

 

メリット

  • 島村楽器限定
  • ネックが薄い

 

島村楽器限定のギターで限定特価なので安くなっています。

通常レスポールはネックが厚いのですが、このギターはハイポジションまで薄く仕上げてあるので、弾きやすくテクニカルなプレイに向いています。

 

 

デメリット

  • 重い

レスポールタイプのギターはやはり重いです。

 

GrassRoots  G-LP-50C SW  48000円ほど

GrassRootsのレスポールタイプのギターです。

 

メリット

  • 見た目がオシャレ
  • ESP直系ブランド
  • 扱いやすい

 

GrassRootsは見た目にこだわっているメーカーです、白いレスポールは珍しくヘッドにもオシャレなデザインが施されています。

ESPの直系のブランドなので品質は良いです。

 

このギターはレスポールの中ではネックが薄く扱いやすく軽くなっているギターです、女性の方にもおすすめできます。

 

 

デメリット

  • 目立つ

デメリットではないかもしれませんが、白いギターはあまりないので目立ちます。

 

ギターをレンタルする

お金に余裕がない人はギターをレンタルしましょう。

レンタルなら月に1000円~ほどで済みますし、お財布に優しいです。

毎月違うギターを試してみてもOKです。

 

ギターのレンタルは下記の記事を参考にしてください。。

ギターが高くて買えないならレンタルすればいいんです(ギターサブスク)

  こんな風に悩んでいませんか?   こんな人のためにスターペグ・ミュージック「ギターのレンタル(サブスク)サイト」を紹介します。 スターペグミュージックについてこの記事では下記の ...

続きを見る

 

まとめ

おすすめのレスポールタイプのギターを5つ紹介しました。

Blitz by ARIA BLP-450 HB・・・6色から選べるPhotoGenic  LP-260/CS・・・サンバーストカラーで安い

PhotoGenic  LP-260/CS・・・安い

Epiphone Les Paul Standard Plus Top Pro HCS・・・ギブソン直系

BURNY SRLG55VLD・・・島村楽器限定

GrassRoots  G-LP-50C SW・・・見た目がオシャレ

 

上記のような特徴があるので好みに合わせて検討してみてください。

レスポールタイプは重いですが弾いている時の見た目がカッコいいギターで、見栄えが良いです。

思いのがデメリットでスタジオに持ち運ぶときは大変かもしれません。

 

重い物を持つのが苦手な人は、ストラトキャスタータイプをお勧めします。

初心者におすすめのエレキギター5選【ストラトキャスタータイプ】

  こんな悩みがある人も多いと思います。   この記事の内容 ストラトキャスタータイプの特徴 初心者におすすめのストラトキャスタータイプのギター5選 ギターを買うお金がない人 スト ...

続きを見る

 

-ギター

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.