音楽理論

【ギタリスト向け】メジャーコードとマイナーコード違いは1つの音だけ

更新日:

ギターを始めてみてとりあえずコードを何となく弾いていて、メジャーコードとマイナーコードがあるのは分かった。

だけど、

・メジャーコードは明るい響きだけど、仕組みまではわからない

・マイナーコードは暗い響きに聞こえるけど、音の組み合わせまでは考えたことがない

・メジャーコードとマイナーコードの違いはなに

のようなことを考えて弾いてる人は少ないと思います。

なので、上記の疑問に答えます。

知っていた方が上達も早くなりますよ。

 

結論から言うと、メジャーコードとマイナーコードの違いはたった1つの音の違いだけです。

Cコードは(ド、ミ、ソ)Cmコードは(ド、レ#、ソ)このレ#の違いだけです。

 

この記事では、メジャーコードとマイナーコードの違いについて書いていきます。

 

メジャーコードとマイナーコードの違い

この画像を見てもらえれば分かるとおり、メジャーコードとマイナーコードの違いは、ミ(長3度)とレ#(短3度)の違い1つだけです。

 

この1つの音の違いで明るい響きと、暗い響きの違いを生み出しています。

長3度や短3度など、初心者の方にな音楽的に難しい言葉を使って説明しましたが、たったそれだけのことなのです。

難しそうに感じますが仕組みを理解すれば簡単です。

 

長3度は明るい響き、短3度は暗い響きみたいに理解しておけばいいかと思います。

 

ポジションの形で覚える

コードを形で覚えておくのもおすすめの方法です。

違い

 

実際長くギターを弾いていると、上記のようにポジションで覚えるようになってきます。

メジャーコードは縦3つ並び、マイナーコードは1つずれている。

この覚え方はわかりやすくていいですし、そのままのポジションで右や左に移動するだけで違うメジャーコードやマイナーコードを弾けるのでおすすめです。

 

 

メジャーコードの仕組み

Cコード 開放弦

わかりやすく、Cコードで説明していきます。

上記はCコードのポジションの画像です。

(ド、ミ、ソ)の3つの音で成り立っているのがわかると思います。

 

メジャーコードの音の関係性

では、このド、ミ、ソはどういった関係性になっているのかというと、

  • ド(完全1度)
  • ミ(長3度)
  • ソ(完全5度)

の関係になっています。

 

ギターでの、ド、ミ、ソの音の関係性を図にしてみたものを貼っておきます。

ド(ルート)から4フレット右のポジションがミ(完全3度)。

そしてミ(完全3度)から右へ3フレット右のポジションがソ(完全5度)。

この関係性を理解することが大事です。

 

 

Dコードの場合は

  • レ(ルート)
  • ファ#(長3度)
  • ラ(完全5度)

の音を探して弾けばDコードが弾けることになります。

 

メジャーコード Dコード

 

別の考え方としては、Cコードのポジションから右へ2フレットそのまま移動してあげればDコードになります。

マイナーコードの仕組み

Cmコード ローコード

 

上の図はCmコードのポジションになっています。

  • ド(ルート)
  • レ#(短3度)
  • ソ(完全5度)

の関係になっています。

 

Cmコード

 

ド(ルート)から右へ3フレットのレ#で短3度。

レ#(短3度)から右へ4フレットでソ(完全5度)。

マイナーコードはこの組み合わせになっています。

 

例えば、Dmコードを弾きたいのであれば

  • レ(ルート)
  • ファ(短3度)
  • ラ(完全5度)

の3つの音を同時に弾けばDmコードになります。

Dmコード

 

Cmコードが弾ける場合、Dmコードを弾きたかったら単純に2フレット右へ移動して弾けばDmコードになります。

 

 

 

 

まとめ

この記事で書いたこと

・メジャーコードの仕組み

・マイナーコードの仕組み

・メジャーコードとマイナーコードの違い

 

メジャーコードとマイナーコードの違いは、長3度と短3度の音の違い1つだけです。

思ったよりも簡単だな!と思いましたか?

音楽理論は難しそうで敬遠している人もいると思いますが、勉強してみれば意外と簡単なんだと気づくと思います。

 

でも1つの音の違いだけで、明るいと暗いを聞きわけられる人の耳もがなによりも凄いですね。

 

 

 

 

-音楽理論

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.