ギター

大人は必見!!子供用ギターを選ぶポイント!!

皆さんはギターを弾いて音楽を演奏、もしくは弾きたいと思ったことはありますか?

 

数多くある楽器の中でもギターを弾けるようになりたいという人は大勢います。

 

特に、子供に頼まれてギターを買う親が多いでしょう。

 

でも、子供用のギターといっても、どんなギターがいいのか分からない親が多いと思います。

 

そこで今回は、子供用に買うオススメのギターを紹介します。

 

この記事を読んで、自分の子供に買うギターはどれがいいのか参考にして下さい。

 

①子供用のギターとは?

②ミニギターは子供用?

③ギターの種類

④子供用のギターを選ぶポイント

⑤複数のギターで迷ったら?

⑥最後に

 

子供用のギターとは?

そもそも、子供用のギターがどんな物なのかについて説明します。

 

結論から言いますと、子供用のギターという物は特に存在していません。

 

あるとしても、それはオモチャとして販売しているギターです。

 

通常のギターと違って、練習用として普通に弾ける物ではありません。

 

なので、小学生ぐらいの子供でも、大人が使っているような普通のギターを弾いたりしてます。

 

普通に弾けるギターであれば、本人が好きなギターを購入しても、特に問題ないです。

 

ミニギターは子供用?

多くの大人が、小さい子供には子供用のミニギターを買えばいいと思っているのではないでしょうか?

 

確かに、子供用に作られたようなミニギターは販売されています。

 

ですが、これは大きさをコンパクトにした特殊なギターであって、子供用に作られた物ではありません。

 

なので、子供用に買うからといって、必ずしもミニギターにする必要は無いです。

 

ミニギターを与えるのは、大体3~5歳ぐらいの子供がいいです。

 

それ以上の年齢なら、普通のギターを買うことをオススメします。

 

ギターの種類

子供用のギターを買うといっても、ギターの種類は多く存在します。

 

初めて弾く子供や初心者が買うとなると、どれがいいのか分からなくて、選ぶのに困ると思います。

 

一般的なギターの種類は、大きく分けると2種類あります。

 

・アコースティックギター

・エレキギター

 

それぞれの特徴について簡単に説明します。

 

エレキギターの選び方

【初心者向け】エレキギターの選び方

趣味でエレキギターをはじめてみたいけど、たくさん種類があってどれを選べばいいか分からない。 入門セットとかあるけど実際どうなの?   こんな風に悩んでいる人も多いと思います。 この記事ではエ ...

続きを見る

 

アコースティックギター

アコースティックギターは、中が空洞になっており、軽量で作られています。

 

演奏するのも1人で練習することができるので、バンドメンバーがいなくても問題ないです。

 

また、アンプを使わなくても大きな音を出すことができるので、金銭的にも優しいです。

 

エレキギター

エレキギターはアンプやエフェクターに繋ぐことによって、大きな音をだせるギターです。

 

繋ぐことを前提に作られているので、通常はまり大きな音を出せません。

 

また、重量もアコースティックギターより重いので、慣れないうちは少々大変です。

 

その代わり、アコースティックギターよりも音色の幅が広く、様々な音を出すことができます。

 

演奏の幅を広げたい人にはオススメのギターです。

 

メリットとデメリット

アコースティックギターとエレキギター、それぞれのメリット、デメリットを下記の表にまとめました。

 

種類 メリット デメリット
アコースティックギター ・軽い

・コードが覚えやすい

・金銭面が優しい

・騒音問題が起こりやすい

・弦が太くて痛い

エレキギター ・色々な音が出せる

・自宅でも練習しやすい

・音が出しやすい

・重い

・器材が多くてお金が掛かる

 

 

実際に弾く人によっても、どちらのギターが弾きやすいかは違ってきます。

 

どちらのギターを購入するかは、子供とも相談して考えたほうがいいでしょう。

 

子供用のギターを選ぶポイント

普通のギターでも子供用として買うのは問題ないことは分かりました。

 

では、さらに細かく厳選するとなると、何を基準に選ぶべきでしょうか?

 

子供用のギターを選ぶ際のポイントについて説明します。

 

価格

実際に買うとなると、やはり購入価格は重要になってきます。

 

なるべく低価格で抑えたいと考えてる人が多いと思います。

 

ですが、あまり安すぎるギターだと、すぐに劣化して使えなくなってしまいます。

 

購入するなら、多少お金が掛かっても上等なギターをオススメします。

 

子供が自らギターを始めたいと言っているのであれば、大体3万ぐらいのギターを買ってあげるのがいいです。

 

親が自分の子供に始めさせたいと考えているのであれば、すぐに飽きてしまう可能性もあります。

 

その場合は、もう少し安めの1万程度のギターでもいいと思います。

 

子供のモチベーションに合わせて、購入価格を考えることをオススメします。

 

重さ

これは対象の子供にもよりますが、重量が重いギターは扱うのが少々大変だったりします。

 

小・中学生以上の身体が成長した子供なら、問題なく扱っている子が多いです。

 

それ以下の小さい子供には重すぎて厳しい可能性もあります。

 

もちろん、これも子供の好みなどに合わせて、どうするか考えたほうがいいです。

 

多少重いギターでも、本人が大丈夫であれば問題ないです。

 

特に好みが無いのであれば、子供の年齢や体格に合わせた重さのギターを選ぶといいです。

 

安物のギターだと、雑な仕上がりで持ちにくい形だったりします。

 

せっかく買ったギターでも、扱いずらさが原因で、まともに練習できなければ意味がないです。

 

また、ギターの形によっては、それで手を痛めてしまう可能性もあります。

 

購入するなら、しっかりとした仕上がりで持ちやすいギターがいいです。

 

お店に行ったときに、実際に子供に持たせてみるのが1番いいでしょう。

 

それで気に入ったギターを買ってあげるといいです。

 

目的で考える

ギターを弾きたいといっても、その目的は人によって違ってきます。

 

公園や路上で弾いて、誰かに聞いてもらいたいと考えてるなら、アコースティックギターが向いています。

 

誰か他の人達とバンドを組んで、みんなで演奏したいというバンド活動目的なら、エレキギターがいいです。

 

特に何も考えずに適当に買ってしまうと、後々後悔してしまいます。

 

ギターを買った後にどうしたいのか、事前に目的を考えてから行動しましょう。

 

弾く場所でも考える

どこでギターを弾くかによって、購入する種類も考えたほうがいいです。

 

スタジオなどの練習場所であれば、好きな種類のギターを買えば問題ないです。

 

ですが、もし自宅で弾く用であれば、家庭環境によっては考えなくてはなりません。

 

アパートやマンションだと、騒音問題によるクレームが来る可能性もあります。

 

通常のアコースティックギターなどは、ヘッドホンを付けての演奏が不可能です。

 

自宅で弾く場合は、騒音のことも考えながら購入を検討する必要があります。

 

複数のギターで迷ったら?

ギターの種類は数多くあるので、自分が気に入ったギターが複数以上出てくることもあります。

 

ギターの重さや価格、持ちやすさで比較しても、いいギターは沢山あるでしょう。

 

その場合は、実際にギターの音を出してみて、自分が1番気に入った音の出るギターを選ぶのがいいです。

 

それでも迷う場合は、お店の店員さんなど、他の人に弾いてもらって聞いてみましょう。

 

客観的に聞いてみれば、自分好みの音が見つかる時もあるので、試してみる価値はあります。

 

ギターは弾くための物なので、やはり最終的には音が1番いいほうを選ぶのがオススメです。

 

最後に

今回は、子供用のギターについて紹介してきました。

 

子供の年齢や体格によって、適正なギターも変わってくると思います。

 

もちろん、子供が欲しいと思ったギターを買ってあげるのが1番いいです。

 

目的や好みなどを考えたうえで、自分の子供とよく相談してから、購入を検討しましょう。

 

今からギターを始める子供達が、立派なギタリストになるのを願っています。

関連記事

-ギター