未分類

習い事にピアノが選ばれる理由

突然ですが、将来さまにはどのようなわせたい、いはってほしいとおえで
すか?


学習塾英語、スポーツ習字、絵画などいろいろなお稽古ごとがありますが、根強
人気のあるといえばピアノ教室です。


以前から人気大手音楽教室個人のおレッスンされている教室え、昨今幼稚園保育園希望者対象われているピアノ教室や、出張レッスン、オンラインレッスンなど形態様々で、それぞれのご家庭ライフスタイルわせて、けやすいでのレッスンできるようになりました。
スタイル変化はあるものの、わらずに、ピアノばれる理由なのか。


いったいなぜ、どもにピアノわせるのか。
様々観点からえ、今、子どもにピアノわせようかっておられるお父様・母様の、でもご参考になればといます。

 

ピアノにいいって、本当?!

よくかれるのは「ピアノっているとボケないから」「ピアノにいいから」という理由です。
一時期、ある脳科学者先生が「ピアノ発達にいい影響える」という発言してからは、ますますそれがかれるようになりました。


楽譜えること、それは記憶力海馬きます。
音符指使い、リズムテンポ、強弱表現など、楽譜かれているさまざまな情報みとり、えることは、思考力前頭前野刺激されます。
そしてそれらをすぐさま指先運動へと連動させることは、活性化へとがります。


また、芸術的感性、表現力音楽性につけていくことは右脳き、音符む、指使いをしく理解するなど、論理的部分左脳きます。
これらのきは、右脳左脳脳粱という神経束くし、左右バランスよく発達させていきます。
このように、ピアノ演奏することは脳全体をまんべんなく使うことができ、また刺激され、
していくことがわかっています。

 

運動機能がる!!

いい影響があるのはだけではありません。


ピアノ演奏は、両手バラバラきをするに、ペダルも3(機種によっては2)あるため同時使うこともあります。


楽譜っていき、自分いたき、まさに全身使って演奏します。


った楽譜情報を、瞬時指先へと連動させることは瞬発力が、オクターブ以上など鍵盤へ、的確かすことは反射神経われます。
また、リズム運動神経関係しています。


えばトランポリン縄跳びなどは、身体かす「タイミング」がありますよね。


一定リズムけることも、リズムがっているのです。

っていているので、一見運動とは関係ないとわれがちですが、使全身使って演奏できるのはピアノならではです。
打楽器であり旋律楽器であり伴奏楽器であるピアノで、全身音楽じてみてください。

 

ピアノけるってかっこいい!!

「音符めるようになってほしい」「自分()けないからけるようになってほしい」というおもよくかれます。
学校音楽授業で、ある程度知識うものの、大人になって音楽かられてしまうとってなかなかめなくなってしまいますよね。


当時せっかく頑張ってえたのに、ではまったくわからない...どもの音楽宿題質問えられない...


ピアノけないにとって、けるってかっこよくえるんですよね。


日常生活ピアノ演奏する機会はそうたくさんあるわけではありませんが、かのにさらっとけると、かっこいいこと間違いなしです。

 

気持

「親である自分っていたから、どもにもわせたかった」のがきっかけであるいようです。


きっとお父様・母様が、ピアノっていてしかった、った、人生充実したなど、プラ作用があったからこそ、自分どもにもわせたい!という気持ちがあったのですよね。


もちろん、きっかけとしては十分だといますし、おさま自身ピアノ興味がありそう、音楽きそうなのであれば、なおさらです。
しかし、そうでない場合、親御さんの期待とおさまの気持ちとのまれてしまい、それレベルがるにつれてどんどんきくなってしまいます。


日々練習頑張るのは、親御さんでもでもなく、生徒であるども本人です。
ピアノめるは、親御さんとおさまの意識気持ちを、かめっておく必要があるかといます。


それでも「おさんがきなあのけるようになりたい!」「この曲、さんがきなだ!」など、大好きなおさん、おさんのためにけるようになりたい!とうおさまはようです。

 

一緒しんで

...理由の1つに「でよくいているので、わせてみました」というおもよくきます。


こちらについても、もちろんピアノめるきっかけとしては充分だといます。
得意なこと、興味がある分野はどんどんばしてあげたいですよね。


しかし、まではいただけで「すごい!上手ね!」とめられていたのが、めた途端に「もっと練習しなさい!」「課題練習しなさい!」と、られてしまうようでは、どものやるがってしまいます。


きないて、気分ワクワクすることをえるのも大事経験です。

 

にはしいおかけが必要もあるかといますが、どもがピアノいている一緒ってあげたり、めてあげたり、どもがますますピアノきたくなるような素敵なおけをしてあげてください。

 

一番大切にしたいのは、どもの気持ち!!

「お友達がやってるからいたい」「アニメのあのけるようになりたい」など、やっぱり一番大切にしたいのは、ども自身の「やってみたい!」「音楽き!」という純粋気持ちです。


このような自発的発言をするようになるのは、だいたい3~4歳頃。


ピアノめるにはちょうどいい年齢です。


ピアノレッスンは、くことだけではありません。


導入時期に、きなさな身体使って表現したり、タンバリン、カスタネットなどの楽器使ってリズムちをしたり、おうたをったり、練習をしてみたり、先生いたり...
「ずっとっていられるか不安...」という親御さんのおもおきしますが、心配無用です。


まずはもっともっと音楽きになってもらえるように、音楽純粋しんでもらえるようなレッスンをされている先生方いといます。


さまが「いたい!」「きたい!」「上手になりたい!」とっている一番時期す。
ぜひ前向きに検討してあげてください。

 

ピアノはみんなでしむもの

いかがでしたでしょうか?
発達への影響はもちろんのこと、日常音楽があるって、ただそれだけで素敵です。


友達誕生日に「ハッピーバースデー」いてみたり、家族リクエストえて腕前披露してみたり、しいことがあったにはピアノいてされたり、れの挑戦してみたり...日々生活られることは間違いなしです。


夢中になってピアノいている時間はあっというぎてしまいます。


一生もので、年齢による引退なんかもありません。


家族皆さんで、ピアノを、音楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

-未分類